Atelier Amie Diary

アトリエアミ
mihoの日記

Amieとつづってアミとよみます。
アクセサリー制作のこと、
趣味のこと、
日々のこと・・・
続・甲府旅〜2019年GW

次の日まず向かったのが
日蓮宗総本山の身延山久遠寺。
山の中の荘厳な本堂。


山の中にそびえる五重塔。


駐車場からはこんな
短いけど急なケーブルカーで。


ほんとは菩提梯といわれるこの石段を
登ってお参りしたかったのですが
停める駐車場を間違えてしまって...
かなり勾配の急な石段です。


せっかくだから途中まで降りて
登ってみました。
上るより下りる方が大変そうです。


境内には御堂が連なっていて
全部中に入って巡る事ができます。
中は撮影できませんが
とても立派な御本尊でしたよ。
御堂の中ではお坊さん達が
すれ違う度にご挨拶してくれて。
とても感じが良かった^ ^


花は散ってましたが
樹齢約400年といわれる枝垂れ桜。
お寺の歴史を感じる...
お天気なら山の頂上にある奥の院まで
ハイキングをするはずでしたが
この日は小雨もぱらつく
陽気だったので諦めて次の目的地へ。



河口湖に到着。
ほんとは目の前にど〜んと富士山が
見えるはずですが、雲しかみえず...


肌寒いのでお昼は初ほうとう。
具沢山で美味しかった♪




腹ごしらえの後、目的地の
久保田一竹(いっちく)美術館へ。
門から何やら素敵な予感。






建物が素敵なのに心惹かれて
訪れましたが一竹辻ヶ花染めの
展示もとても良かった。
気が遠くなるような
とても細かな絞り染めと色使い。
年に3回ほど展示作品が変わるそうなので
また訪れてみたいな〜


実際に一竹さんが客間として
使っていた部屋がカフェに。


見学だけでも、お写真もどうぞって
これまた美術館の方達は感じ良かった^ ^
調度品とかもみな私物だそうてす。


中の展示を見終えた後
お庭に出るとそこにまた小さな門が。


門をくぐると小さな池。
水鏡に映るもみじと岩の苔。
これは紅葉の時期は美しい事でしょう。


池の奥の小さな洞窟の中の
母子観音像。

自然、建物、作品とで芸術家の
こだわりの世界を表現した美術館。
なんとなく藤城清治美術館と
通じる感じがありますね。
来て良かった^ ^

この後、甲府にまた戻り
ほったらかし温泉でゆっくり
お湯に浸かった後、
帰路につきました^ ^



長いGWもあと一日。
もう既に日常に戻って
いつもは日祭日はお休みの発送も
母の日に間に合うよう行っています。
さて、明日も在庫補充の制作に
励むことにします。

| | 07:47 | - | - | pookmark |
甲州旅〜2019年GW

いつもあまりGWは遠出はしないのですが
珍しく夫が5連休を取れるというので
せっかくだからと前半、
甲府方面に出かけてきました。
1日目の目的はワイナリー巡りです。



甲府のビジネスホテルの駐車場に
車を停めて電車に乗り
勝沼ぶどう郷駅で降りて向かったのは
「勝沼ぶどうの丘」
まずは出店で軽く腹ごしらえ。
鉄板で焼いた甲州地鶏美味しかった♪



タートヴァンといわれる試飲用の
カップのようなものを
一人1500円で購入すると
ワインカーブの中で試飲が仕放題です。


飲まずに味わって吐き出すのですが
かなりの数なので...
私は夫がススメてくれたのと
お高いものだけに・笑
(上限は大体1本5000円ぐらいのものです)



次に向かったのはこちらのワイナリー。
カフェでランチをと思っていましたが
1時間近く待ちそうなので、あきらめて...



シャトー・メルシャンで
ランチプレートを頂きました。
そしてこちらでも試飲用のワインを
4種類、少しずついただいて...
お天気の良いテラスで昼間から。
なんて贅沢なんでしょう。
ワインも食事も美味しかったな^ ^



歩いているとぶどう畑だらけ。
遠く見える山々。



点在しているワイナリーは全て
周ることはできませんが
ちょっと離れてるけどと
夫が行きたがったのが
こちらの中央葡萄酒のグレイスワイン。
ぶどうの丘にも置いてない
栽培から醸造まで全て自社で賄う
小規模のメーカーで
世界のコンクールでも受賞するワインを
作られているそうです。


試飲カードを購入して
様々な種類のワインを
試飲する事ができます。
写真の自動サーバー以外にも



カウンターで大振りのグラスで
サーブされるワインも。



カウンターでサーブされたワインたち。
一口飲んでちょっとびっくり。
今まで飲んできた日本のワインの中でも
一番好きかもしれない...
中でも「鳥居平(トリイビラ)ルージュ」が
一番のお気に入り♪
来て良かった^ ^

GWでしたが人出も思ったほどでもなく
ゆっくり楽しむ事ができました。
イベントの多い収穫の秋の方が
混んでいるのかもしれません。
お酒のなかでもワインは割高で
中でもいいワインは普段の生活で
そうそう飲めるわけではないので
こうして色々なものを
試せるのがいいですね。

2日目に続く...
| | 16:17 | - | - | pookmark |
那須高原〜山歩きのおまけ
ゆる登山の翌日。
朝5時半頃、自然と目が覚めて
天気予報は曇りの予報だったけど
念のためカーテンを開けてみたら
なんとすっきり晴れてる!
焦ってざっと身支度済ませて
フロントロビーの窓を見て慌てて
外にでて近くの展望台を
駆け上がると...


雲海が広がっていました。
あぁ、もう少し早く気づいてたら
日の出がみられたのに。
でもこの光景が見れただけで
良しとしましょう。
雲が結構速く流れて刻々と
景色が変わっていきます。


雲海の中を泳ぐネッシー(古っ)みたい。
これは見せなくては、と
夫の携帯を鳴らしたけど
全然反応なし。
しばらく眺めて部屋まで
おこしにいきましたよ。


陽が昇りきって振り返れば
昨日登った茶臼岳と朝日岳が。
気持ちが良い朝でした。
この日はお墓まいりも行く予定で
そんなに時間の余裕はなかったのですが
早起きのおかげで温泉と朝食を
ゆっくり楽しんだ後向かったのは...


藤城清治美術館。
この間の長野のがとても良かったので。
門を入ると...


まずネコがお出迎え。




ケロヨンが


モグちゃんも


緑溢れる庭園の中に
次々現れるかわいいキャラクターたち。


結婚式もできる教会もありました。




ステンドグラスもかわいい。


森を抜けるとエントランス。
こちらも女子心くすぐるからいらしさ。
中は撮影はできないので
気になる方は那須に行かれた際に
立ち寄ってみてください。
展示もショップも充実した
素敵な美術館です。

那須は今まで家族旅行で
何度も訪れていましたが
今回は今まで見る事が無かった
沢山の風景を見る事ができました^ ^
| | 13:59 | - | - | pookmark |
ココファームワイナリー収穫祭2017

早起きして9時前に到着。


晴天の葡萄畑の下...


午前中から...


出来立てワインと
美味しい食事を楽しんでます。
ヴィバルディの「秋」の
生演奏も流れてご機嫌♪
南向きの葡萄畑の斜面は
北風も当たらなくて暖かです。
日暮れまでまったり時間を楽しんで
明日はゆる登山を楽しむ予定です^ ^
| | 11:19 | - | - | pookmark |
プチトリップ@茨城県北芸術祭
南北に広い茨城県。
住んでいる県南から
県を縦断して海側で
開催されている県北芸術祭
行ってきました^ ^


前日、早目に仕事を済ませた夫と
日立に前泊して伊勢神宮で味をしめた
早朝参拝をする為に朝8時前には
御岩神社へ。
人気の少ない朝の
雨上がりの神社は
マイナスイオンもたっぷりで
霊験あらかた。
紅葉はまだでしたが
朝つゆに濡れた緑が
水々しかった^ ^


こちらの神社での展示作品。
芸術祭が開催される前から
ずっと行きたかった場所。
予想通りの木々が立ち込める
緑深い神社でした。
御岩山の中腹までの1時間弱の
登拝もして大満足。
(結構急な所もありましたよ。
ヒールや革靴では無理ですね)


神社を後にして次に向かったのは
天心記念五浦美術館での
チームラボの展示。
祝日だったけど
都内で開催されてる展示より
ずっと人も少なくて
最新のVRも体験できて楽しかった♪
子供達もはしゃいで自由に
楽しんでおりました。



そしてお昼は海だから
やっぱり海鮮丼と海老天丼。
大津港の市場食堂でいただきました。
腹ごしらえをした後は
海岸沿いを南下して日立に戻り


日立駅と日立シビックセンターの展示へ。
駅の建物がガラス張りで海が見えて
とても眺めがいいのです。
シビックセンターのシャンデリアは
人体に害のないウランガラス製。
シャンデリアのおおきさで
各国の電子力の発電量を表しているそう。
韓国が日本より多いのが意外でしたね。
シビックセンターではプラネタリウムで
上映されたCG作品も鑑賞しましたが
臨場感あり過ぎてちょっと
酔いそうでした^_^;
まだ見たことないんですが
やっぱり3D映画は苦手かも...
シビックセンターの屋上から眺めた
夕暮れの海の風景が綺麗だったな...

もともと旅の途中でフラッと
美術館とかに立ち寄るのが好きだったので
地方の芸術祭を訪れるのは
かなり楽しい〜〜♪
夫も幸い(笑)楽しんでいたので
これから色々楽しんでいければ^ ^
| | 22:58 | - | - | pookmark |
Silver wedding anniversary trip〜続き

今回の旅行は車で。
東名高速は何十年ぶり?
写真は足柄SAの朝早くてまだ
開いてない足湯カフェと
朝ごはんに食べた
シラスと桜海老のぶっかけうどん。
伊勢まではかなりの距離なので
サービスエリアに寄り道するのも
楽しかったです。
帰りに寄った上りの
海老名SAが成城石井まであって
デパ地下のようでした。
富士山、見るの楽しみにしてたけど
静岡県では土砂降り(ー ー;)


でも伊勢に着いたら快晴のお天気!
お伊勢まいりは外宮からという事で
1日目は外宮へ。
やはり橋を渡って神様の森へ。


外宮の正宮。
正面にかかった布越しに
お参りするのですが
時折、この布が風にふわ〜と
うきあがるのがちょっと神秘的。
外宮の中にも伊勢市内にも
別宮が多くあって
結構な数をお参りしましたが
これもきりがないので...


外宮をお参りした後は
おはらい町とおかげ横丁を散策。
おきまりの赤福本店で
出来たて赤福をいただきました。
そしてこの後、神宮会館で
宿泊して内宮に早朝参拝と
なるのですが...


神宮会館、お料理良かったです♪
(ちょっと奮発して一番いい夕食)
ただお風呂は大浴場はあっても
温泉ではありません。
要望はあっても目的が違うので
あえて温泉にしていないそうです。


そして翌日早朝内宮参拝終えた後、

二見興玉神社に寄り道して...


伊勢湾フェリーに乗って
伊良湖岬経由であちこち
寄り道しながら修善寺温泉に
向かいました。


修善寺の宿は夏目漱石も
泊まっていたという老舗旅館、
湯回廊菊屋。
趣のある古い建物。


お料理は懐石でしたが
ボリュームもありました。
シメの生わさびをきかせた
お茶漬け、美味しかったな〜♪


修善寺も新緑が綺麗でした。
上2つの写真は
宿の中居さんに教えてもらった
達磨山からの眺め。
ちょっと雲が多かったけど
なんとか富士山見えました。
空にぽっかり
浮かんでいるよう。


帰りは富士山、はっきり見えて
ドライブ楽しめました。
写真は確か三島あたり。
この辺に住んでる人は
毎日こんな近くで富士山を眺めて
暮らしてるのね...
久しぶりの旅らしい旅
満喫いたしました〜^ ^

色々な事があった25年。
長いようだけど
今は寿命が延びてるから
これからまた25年以上一緒に
過ごす事になるかもしれない。
だったらなるべく楽しく
過ごせるように...
そして大変な事もまた
乗り越えて行けるように...

最後までお付き合い
ありがとうございました・笑
さて、衣替えもやっと済んだし
またビーズワークに励みます^ ^
| | 10:55 | - | - | pookmark |
Silver wedding anniversary trip@伊勢神宮

いつの間にか結婚してから25年。
節目の旅行先に選んだのは
ずっと前から行きたかった
お伊勢まいり。
一年ぐらい前から、色々調べて
4月、内宮近くの神宮会館に宿泊して
泊まった翌朝6時半からの
早朝参拝に参加しました。
写真は内宮入り口の鳥居。
式年遷宮では内宮全てのものを
新しくするそうで
この鳥居は取り壊した
以前の正宮の本柱で作られているそう。


鳥居をくぐって、式年遷宮を
終えたばかりでまだ新しい
木の香りが残る橋を渡れば
1300年前から変わらない
神様の住む森。
人も少ない朝日差し込む
澄んだ空気の中、
神宮会館の方に
案内して頂いて巡って行きます。


緑に囲まれた五十鈴川。
手水舎がなかった昔は
この川の水でお清めしていたとか。
手を川の水に浸してみると
とっても冷たくて清々しい。
ほんとに清められてる気がします。


神宮の森の中は昔から変わらない
こんな巨木が多くて
落ち葉もすべて集めて
土に還すそうです。


伊勢神宮内宮の正宮。
撮影はここまで。
煌びやかなものは一切ない
静謐な佇まい。
この旅行の三日前に
熊本の震災があって
きっと多くの人が
日常への感謝と
平穏への祈りを捧げた事でしょう...


きりがないので全部は
紹介できなませんが
正宮以外にも意味のある
宮が森に点在していて。
この荒祭宮だけは
個人的なお願いをしていいと
いう事で家族の健康を^ ^


20年に一度、式年遷宮をする事で
1300年前の伝統と建築技術が
守られている事。
遺産ではなく今も生きて
存在してるから
世界遺産登録を辞退してる事。
毎朝神宮と、皇居で天皇陛下が
日本国民の為に
祈りを捧げてる事、等々...
色々なお話しを聞きながら
神宮を参拝して日本人に生まれて
良かったなと思いました。

旅行は神宮参拝だけじゃなく
俗っぽい旅の楽しみ(笑)も
たくさん楽しみました。
それはまた次回に^ ^
| | 09:28 | - | - | pookmark |
かんさいプチトリップ〜続き
翌日はのぞみに乗って福山経由で尾道へ。
もうすぐなつかしい瀬戸内の海に会えると
ワクワクしてましが・・・


どんどんお天気が悪くなってきてど〜んよりな風景。
これはお墓参りしたお寺の展望台から撮った写真。
そして先に行っていた私の母とこれから路線バスで因島へ。



因島大橋を渡るバスの車窓から。
く〜〜、晴れていたらこの大浜崎あたりの海は特に
青碧色のきれいな海が広がっているのに・・・
私の両親の故郷の因島。
私自身は生まれも育ちも違いますが
私と妹の小さい頃の夏休みの思い出は因島に凝縮されています。
10年以上ぶりに訪ねた叔父が「おかえり〜」(←広島弁で)と
玄関で迎えてくれたのがとてもうれしかった♪

ひとしきり楽しい時間を過ごした後は尾道へ戻り
因島から離れて高齢者専用のマンションで暮らす叔父、叔母の元へ。
夜はワイワイとみんなでごはん。海鮮なべ。魚介がやっぱりおいしい。
翌日・・・


寒いけどお天気ちょっと回復しました!
ちょっと街中歩いてくるねとお散歩。
まさしく瀬戸内のなつかしい風景。
昔は島に渡るにはフェリーか水中翼船しかなくて
桟橋で海の香りをかぐと帰ってきた〜!と思ったものです。
何度も尾道は降りていたけど
街中を歩くのは初めて。
古い街並みのアーケードの中には・・・






こんな古い建物をリノベーションした
洒落たカフェやショップが多かったです。
もちろん行列ができている尾道ラーメンのお店も。
若い女子グループの観光客も多かった。
せっかくだから千光寺のロープウェイも乗ってみよう。



海岸ぎりぎりまで迫る山々と造船所のクレーンたち。
「崖の上のポニョ」の舞台はぜったい瀬戸内だと思っている。
上りはロープウェイで登ったけど
下りはてくてく歩いてみよう。



下っている途中、猫の細道というのがあって・・・



こんなお店や・・・



こんな洒落たお店達が点在。
(家族連れの女の子が「アリエッティがでてきそう♪」
なんて言ってた^^)


あまり期待せずに入った招き猫美術館。
撮影禁止だったので中の写真はないのですが
招き猫達の展示はなかなか充実してて
思ってたよりとても良かった♪
猫の細道でしたが・・・


実際に出会った猫はこの子だけ・笑


散歩から帰ってからまたみんなでワイワイごはんを食べて
この日の夜、夜行バスで帰ってきました。
みんな80歳を超える年齢になった叔父、叔母たち。
遠くに住んでいて何もできないけど
会って一緒にごはんを食べるだけでこんなに喜んでくれるなら
もう少し頻繁に帰りたいなと思った年末の旅でした・・・
| | 15:16 | - | - | pookmark |
かんさいプチトリップ


本当に久しぶりの列車での旅。
今回は人に会いに行くのが目的なので
ほとんど観光はしていませんが
移動の時に撮った写真等を・・・
まずは大阪在住の叔母のもとへこだま号で4時間。
最近の山陽新幹線はほとんど700系なのね・・・
のぞみより時間は倍だけど運賃はかなりお得です。
写真は大阪駅。大阪で降りるのは初めて。
なんだか駅のホームに降りた途端
たこ焼きというかソースっぽい、
おいしそうな香りがするんですけど。(気のせい・笑?)
さてこれから叔母が住んでいる関空方面に向かいます。
ネットで調べたら・・・



なんと、南海ラピートが運行してる!
しかも特急料金は500円ちょっと。これは乗らなくてはね。
その昔、長男が鉄ちゃんだった頃知った
この南海ラピートとゆふいんの森はあこがれの電車。
そうそうこのロボットのような顔と青いボディ。
でもこのホームにいた列車は回送で・・・


私が乗ったのはこのピーチラピート。
後で聞いたら期間限定列車なんですって。ラッキー♪


座席はグリーン車のようなシート。
車内は新幹線よりゴージャスでした。
30分くらいの短い時間でしたが大満足。
そして駅まで迎えにきてもらった従兄と叔母のもとへ。

昔話をしながら楽しくごはんを食べて
大阪の旅はこれで終わり・笑
でもせっかく大阪に来たのだからと・・・


TVでよく見かける道頓堀へ。
すごい人、人、人。
自撮り棒を持って写真撮ってる人も多かったな〜。


ネオンもとっても煌びやか。

次の日はしまなみ海道へ向かいます。
長くなるので続きはまた次回に・・・
| | 15:13 | - | - | pookmark |
ココファームワイナリー収穫祭

栃木県足利市にあるココ・ファーム・ワイナリーの収穫祭へ行ってきました。
ワインを楽しむ為に市内のビジネスホテルの
予約までとって送迎バスを利用。
まずはできたてフレッシュな白ワインで乾杯!



急斜面の葡萄畑のブドウ棚の下で
ピクニックシートを広げてワインと料理を楽しみます。
(遠景なので写ってませんが、かなり混み合ってます。
いい場所を取るには朝早い時間にいかないとダメみたい)
ワインを楽しむ場所なのでみんな酔ってますが
生演奏の音楽も流れて和気あいあいと良い雰囲気。



屋台のフードはどれも出来たてで美味しかった。
写真は半熟卵とベーコンとレタスがのったそば粉のガレット。
生地がモチモチでうましっ!



日当たりの良い葡萄畑は一日中ポカポカ陽気。
(夫は途中半袖になってた)
陽が傾く時間になって最後の音楽ゲストの坂田明がサックスで
「赤とんぼ」を演奏。夕暮れにあいまって心に沁みます・・・
そしてそろそろお開きの時間で生演奏ではないけど
サラ・ブライトマン(たぶん)の「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」が流れる中、
葡萄畑の頂上へ登ってみようとトライしたけど
アルコールも入っているので私は途中で脱落・苦笑
夫だけ行ったのですが頂上からの眺めはもっと素晴らしかったって。
今度来れた時は酔う前に登っておきましょう。

朝10時半頃から日没まで何するわけでもなく
音楽を聴きながら、ワインを飲みながらまったりしてた時間。
晩秋の収穫祭、楽しかったです。
| | 18:24 | - | - | pookmark |